就職支援

学会大会における求職中のポスドク・学生の就職活動をサポート

お知らせ

2016/03/24 求職中ロゴ(キャリア・エクスプローラー)の情報を追加しました。


2015/12/21 このたび,学会事務局,草地学教育委員会ならびに大会事務局のご協力を得て,石川大会において『若手会員の研究職への就職サポート』を実施することとしました。本活動では,求職側(ポスドクや博士・修士学生等)と求人側(研究所・大学・企業等)の交流の場である学会大会において,就職側が求職中である旨を,大会期間中のリボン装着や講演要旨,発表資料内への明示によってアピールすることで,若手会員の就職に役立ててもらえるものと期待しています。またオプションとして,求職者本人から多くの大会参加者に直接アピールできる「アピールタイム」を,総会の前に1人あたり1分間ご用意しています。活動内容の詳細は下記をご覧ください。

概要

本活動では,求職側(ポスドクや博士・修士学生等)と求人側(研究所・大学・企業等)の交流の場である学会大会において,就職側が求職中である旨を,大会期間中のリボン装着や講演要旨,発表資料内への明示によってアピールすることで,若手会員の就職に役立ててもらえるものと期待しています。

1. 求職中であることを示すリボン(もしくはバッジ)を装着

学会期間中に求職中であることを示すリボン(もしくはバッジ)を装着することで,求人側に明示する。

求職の状況(PDやD3などすぐに職が必要な人,D1,D2やマスターなどで急ぎはしないが将来的に希望する人)などに応じで,リボンの色を使い分ける。

2. 発表プログラムに求職中であることを示すシンボルを追加

プログラム中の発表課題番号の右(もしくは左)の分かりやすい箇所に,「求職中の学生・ポスドク」であることが分かるシンボルを示す。

求職の状況(PDやD3などすぐに職が必要な人,D1,D2やマスターなどで急ぎはしないが将来的に希望する人)などに応じで,シンボルを使い分ける予定です。

3. 発表資料(プレゼン・ポスター)に求職中ロゴを掲示

 プレゼン発表資料(PDF)やポスターに,求職中ロゴを入れる。

 プレゼン発表の表紙には必須,他ページには発表の妨げにならないよう自由に使用してください。


ロゴ(キャリア・エクスプローラーマーク)の説明

 プレゼン発表用(120x98ピクセル)やポスター用(400x328ピクセル)を準備しました。

 イラストのデザインは,広島大学大学院工学研究員の池上舞さんです。

 イラストのイメージは,以下の心情を牛の表情で表現しています。

【M】希望に満ち溢れた修士学生用

【D】まだまだ余裕のドクター1-2年生用

【D3】ギリギリのドクター3年生用

【PD】切羽詰ったポストドクター用

LogoM 120x98 LogoD 120x98 LogoD3 120x98 LogoPD 120x98

ロゴのダウンロード

※以下からマウスの右クリックで「画像を保存」を選択してダウンロードしてください。

【M】 口頭発表用(120x98ピクセル) | ポスター発表用(400x328ピクセル)

【D】 口頭発表用(120x98ピクセル) | ポスター発表用(400x328ピクセル)

【D3】 口頭発表用(120x98ピクセル) | ポスター発表用(400x328ピクセル)

【PD】 口頭発表用(120x98ピクセル) | ポスター発表用(400x328ピクセル)

4. アピールタイムの設置

求職中のポスドク・学生が,発表課題番号と研究概要,個性をアピールする時間を設置する。

持ち時間は一人1分程度とする。

石川大会では,総会前の草地学教育委員会主催のシンポジウムの最後の時間を予定しています。 初日に開催されるため,求人側が興味を持った発表課題の話を聞きに会場へ足を運んでいただけると期待しています。

Copyright(c) 2013 JSGS Young Association. All Rights Reserved.