「放牧地と放牧動物に関する国際用語」について


 国際草地学会議(IGC)および国際牧野会議(IRC)は長年にわたり共同して,“放牧地と放牧動物に関する国際用語”を検討し,その成果が,2011年3月にGrass and Forage Science 誌(66 巻1号 2–28 ページ)に“An international terminology for grazing lands and grazing animals”として公開されました。また,両会議では「当該分野における国際的コミュニケーションを保証するため」に,英語以外の言語への用語の翻訳を推進しており,日本語版も作成,公開されました。
 この用語集は,同じ英語圏でも地域によって異なって使用されていた言葉やその意味を統一するとともに,使用が推奨されない用語を巻末にまとめるなどの工夫がなされており,英語を母国語とする人たちだけでなく,母国語としない人たちにとっても,英語文献を読んだり,英語論文を書いたりする上で有用です。日本語版では,見出し語などの用語は原則,日本の文献(用語集,辞典類,家畜飼養標準など)にしたがい翻訳されるとともに,日本語訳のない英語用語等については新たに日本語訳が当てられています。また,必要に応じて訳者による注釈や日本語・英語索引も付いています。Grassland Science誌に投稿する論文執筆時には是非ご利用下さい。

  “An international terminology for grazing lands and grazing animals(Grass and Forage Science 66, 2-28)”
   (原典,英語版)
       http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-2494.2010.00780.x/abstract
  “Supporting Information Appendix S4”(日本語版)
       http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-2494.2010.00780.x/suppinfo
 ※ リンクに際して,Vivien Allen氏(IGC-IRC用語委員会委員長),平田昌彦氏(日本語版翻訳者),Wiley(出版社)の許可を得ています。また,日本語版は原典(Grass and Forage Science 66, 2-28)に基づいています。

 ※ 学会ホームページ右欄のバナーからも英語版、日本語版のそれぞれにリンクしています。