企画集会
(12月25日現在の予定)


「周年親子放牧による高収益繁殖経営を目指して」
A周年親子放牧実践農家の取り組みと今後の地域展開方向


 高齢化した繁殖農家の離農に伴う肉用子牛の出生頭数減少により子牛価格が高騰しており、肉用子牛の安定供給は喫緊の課題である。そこで、大幅な軽労化が見込める放牧メリットを最大限に活用した周年親子放牧技術により、畜舎を必要とせず初期投資を抑えることで新規参入も視野に入れた、省力低コストで収益力を高めた繁殖経営を確立させる必要があると考える。本企画集会では肉用子牛生産現場の現状を把握するとともに、「周年親子放牧」普及に向けて解決すべき課題の明確化、適用可能技術の検討等を行う。

 本集会は、今後草地学会大会時に開催される企画集会としてシリーズ化している。大会開催ごとに、肉用子牛生産現場の現状と課題を報告して頂くとともに、繁殖経営現場で活用できる技術を紹介していきながら、高収益繁殖経営に向けた論議につなげていきたい。今回はその2回目として、以下の日程に従って周年親子放牧実践農家の取り組みと今後の地域展開方向について報告頂く。報告の一部には生研支援センター「革新的技術開発・緊急展開事業(うち先導プロジェクト)」における周年親子放牧コンソーシアムでの取り組み内容の紹介を含む。なお、本企画集会で講演された内容の一部は、日本草地学会誌の実用記事に掲載される予定である。

    日時:3月25日(日)、13:00−15:00
    場所: くまもと県民交流館パレア(詳細未定)
    企画者:山本嘉人(農研機構畜産研究部門)
    
   1.周年親子放牧による高収益繁殖経営
                大分県(有)富貴茶園 永松英治

   2.大分県における低コスト肉用牛繁殖経営の地域展開方向
                大分県 農林水産部 畜産技術室 金丸英伸

   3.技術紹介:親子放牧につながる哺乳延長が子牛の発育におよぼす効果
                農研機構 東北農業研究センター 東山由美

   4.討論