2016年度 Grassland Science インパクトファクター値のお知らせ


日頃よりGrassland Science(GRS)の編集にご支援・ご協力を賜りましてありがとうございます。

先般、GRSの2016年インパクトファクター(IF) 値が「0.734」と発表されましたのでお知らせいたします(前年度0.820)。
(IFは、当該雑誌の論文がどの程度引用されたかを計る指標で、対象年の被引用件数をその前年と前々年の掲載論文数で割った値となります)


なお「Agronomy」 のカテゴリーに属する83誌中50位(前年度44位)、「Agriculture, Multidisciplinary」に属する56誌中29位(前年度22位)と なります。


当面、IF値=1.0を目標に考えています。GRSの自己引用率は高くありませんので、その点も配慮していただけるとIF値の向上につながります。


国際的に評価される雑誌を目指して、編集委員一同、頑張っていきたいと存じますのでよろしくご支援・ご協力をお願いします。



GRSへのより活発なご投稿をしていただけますよう重ねてお願い申しあげます。


2017年8月
Grassland Science 編集委員長 山田敏彦